不良少年 » レビュー »

ノストラダムスに聞いてみろ♪

Atom RSS

ノストラダムスに聞いてみろ♪

ノストラダムスに聞いてみろ♪
ブランドLime
発売日2008年2月9日
原画あきら
シナリオあごバリア
音楽アッチョリケ / エムクリエイト

 1999年7の月からもうすぐ10年。
 あんころもち大王だの2000年問題だのいわれた時代が懐かしや。
 気がつけばこの10年の間に、お友達が漫画家になってたり原画家になってたりアニメーターになってたり弁護士になってたりお店開いてたりお嫁さんになってたりお婿さんになってたり親になってたりしたわけですよ。

ノストラダムスに聞いてみろ♪ (角川コミックス・エース 205-1) てなわけで今回は、そんな古くからのお友達 (いうなればオレ様の過去を知るヤな奴ら) の一人、森崎くるみっちがコミカライズしてた、Lime の「ノストラダムスに聞いてみろ♪」をレビューしてみます。

 ちなみにそのコミック版は角川書店から出てますので、ゲーム買おうか迷ってる方はこちらを読んでから決めるのも一興。

確かこんなお話 (かなりいい加減)

 主人公、筑波那岐 (つくば・なぎ) は公式サイトの説明読む限り信じられぬ話ですが、元ヤンのイケメンだったりします。(てゆーかなにゆえエロゲ公式サイトのキャラ紹介トップバッターが主人公!? しかもラフ絵!?)
 この那岐くん、萌えゲによくいる「俺も昔はワルかった」な不良もどきとは一線を画すゴイスなヤンキーだったらしいです。なにせ商店街ではアシ洗った今でも店を閉められるわ、名前出しただけで全品8割引だわ、街歩けばアヤシイ薬売りの友人が声かけてくるわ、なんぞソノ筋の方と繋がりあるらしいわで、ナイフみたいに尖ってて近づく奴みな傷つけて盗んだバイクで走り出したら無免許でとっつかまる人だったそうな。
 なんつーか少女漫画の主人公が惚れる不良少年の斜め上を行きそうな那岐くんですが、そんな彼も現在はマザコン母の愛に目覚めてすっかり改心したので安心して惚れてください。つーか改心したのでなければ単にヤな主人公ですが。

 そんな設定とは何の関係もなく、ある日突然彼の前にノストラダムスを自称する変態が現れます。
 いわく、かの1999年7の月のアレは那岐のとった行動が原因で阻止され、世界は滅びを免れた。
 本来褒められてしかるべきことだろうに、このノストラダムスと言い張るパラノイアは自分の予言が外れたことが大層気に食わぬらしい。
 ならば自分の予言のスバラシサを見せつけてやろう、と強引に使い古しのダッチワイフ美少女型予言書「ストラ」を押しつけるノストラダムスと思いこんでいるイカレポンチ
 さらには自称婚約者のちびっこ白山菊理とその従者である巨乳メイド型予言書「ティア」まで加わり、もはや収拾のつかなくなった那岐くんのドタバタ学園生活が始まりましたとさ。

ノストラダムスに聞いてみたらハーレムルートはナイらしくて号泣

 ストラは予言書であるため、毎朝「今日の予言」でその日に起きるイベントを予告します。
 要はご丁寧にヒロイン攻略のヒントをくれるわけなのですが、内容をマップ画面にたどり着くまで覚えていられるかは疑問です。
 幸いメニュー画面から「予言確認」で確認することができるので忘れても特に問題ないんですが、実のところマップ画面に表示される行き先が「ヒロインのいる場所」だけなので、予言などなくともなんとかなってしまうのはちょっと悲しい。
 個別ルートに入ると予言自体が出てこなくなります。

 ヒロインは全員スタート時から主人公にラブビーム集中砲火な上、先の予言も相まって攻略はとても楽ちん。
 なにせ好感度を上げる必要すらありませんから!! (笑)
 いやマジで適当にプレイしてても、高確率で狙ったヒロインが的の前に飛び出してくれます。
 こんな凄まじいまでの愛されっぷり萌えゲにしては珍しくエロスが濃く、ヒロイン6人のうち実に4人が3P有。
 思わず「もしや全クリするとハーレムEDがあって、しかもそれが真EDだったりしますデスカ!?」とか期待しちゃいましたが、流石にそれはないみたい。ちょっと残念。

 イベント間の繋がりにはいささか難があり、ぶつ切りのイベントを見せられているような気になるのが残念です。特にHイベントは顕著で、余韻もないまま次のHイベントに突入 (まったく別の場所なのに) してることもしばしば。
 シナリオ的にもテーマであるはずの予言があまり絡まず、正直もったいないなぁという印象を受けます。

システム面には課題あり

 と言っても別にセーブ・ロードが使いづらいとか、コンフィグできねぇとかじゃありません。
 必要なものは一通り揃ってるし、メニュー画面もそこそこ見やすいし、本編で予言レベルが上がるとおまけが追加される等のアイデアも面白くて良か。
 どっちかっつーと音楽のフェード時にシナリオが停止したり、イベント間に強制的に入るアイキャッチにイライラしたり、そのアイキャッチに入る数行前で必ずスキップが解除されたりという、細かい部分の調整に問題があったりします。
 この辺はプログラマというより、シナリオ書いてる人の裁量で決まる部分なので、次回作では改善されることを望みます。

 ちなみにSSE2未対応のCPU使ってる人は、公式サイトのパッチが必須です。
 (Pentium4 以降、Athlon64 以降等、最近のCPUならそのままでもだいたいオゲ)
 それほど速度を要求されるゲームでもないので、あまりSSE2使う必要もないと思うんですが……。

まとめ

 どのキャラのルートでも超絶モテモテ気分が味わえるので、短めのシナリオで気軽にプレイしたい場合はちょうど良いかもです。
 ある意味、萌えとエロスを高次元で融合させた意欲作。すなわち萌エロ。
 ヒロインはみんな絵的にも性格的にも可愛いので、萌えゲと割り切ってプレイするのが吉でしょう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントはまだありません。

コメント投稿フォーム

※ スパム防止の為、コメント内に2個以上のリンクがあった場合、サイト管理者 (かのう神路) が承認するまで表示されません。

ページの先頭に戻る