不良少年 » レビュー »

はるかぜどりに、とまりぎを。

Atom RSS

はるかぜどりに、とまりぎを。

はるかぜどりに、とまりぎを。
ブランドSkyFish
発売日2007年10月26日
原画蔓木鋼音 / 唐辛子ひでゆ
シナリオ巳無月 / 素浪人
音楽MANYO

 ウィス! 突然ですが、なんの脈絡もなくエロゲレビュー始めることにしたかのう神路です。
 いやせっかくブログ用意したにもかかわらず、ここ一年でほとんど記事書かなかったのも勿体ないなぁと思いまして……。
 ってな訳で、最初はやはり青空にしようと思ったのですが、なにを血迷ったかSkyFishの「はるかぜどりに、とまりぎを。」をしょっぱなに持ってきたオレ様。てゆーかもっと最近の作品にすりゃいいのに。
 巷ではなぜかがっかりなレビューが目立つ本作ですが、オレ様は好きだーっ! だーっ! だーっ!(エコー)
 春音(妹)のラヴっぷりに全身の血(鼻血)を抜かれながらも、一気に全クリしてしもうたのですよオレ様はっ! ええ実はたった一週間でオレ様はっ!(普通に仕事しながらこのペースって……)
 そんなこんなで名作とまではいわんまでも、オレ様的には十分に「良作」といえる部分を書き連ねてみるのコトよ。

妹ゲーでレッツ調教

 さてこのゲーム、十年前、一年前、現在とスタート地点を選べます。
 過去編での行動が現在編に影響するとマニュアルにも書いてあるので、大抵の人は十年前から開始するかもですが、オレ様は初回プレイに限り「現在」からのスタートを推奨。
 (てゆーかオレ様、マジで現在編からスタートしました)
 なぜってあーた、スタート地点選択前に妹ちゃんからの告白があるですよ!?
 うかつに過去編からやっちゃったら、もしかするとこのコクハッキュもドキのムネムネもなかったことにされちゃうかもですよ!?
 ……結果からいうとこれは杞憂でした。どのルート通っても、お兄ちゃん想いの妹ちゃんはボクの期待に応えてくれます。
 ああもう好きヨ春にゃん! ボクは一生キミだけを調教することを誓うヨ!

 とかいいながらも、3~4週目くらいになると浮気の虫がマニョマニョと出てくるイケナイお兄ちゃん。
 一年前編でボクを鬼畜の道に走らせた横乳教師や、彼氏の浮気を全面に押し立てて迫ってくる妹の巨パイな親友、そして過去編に全然関係なさそうな不幸貧乳を
 次々に攻略したんですが、なんか薄い……。シナリオの半分以上を妹が占めてるんじゃないかっつーほどあっさり味。
 イベント自体も少ないので、もしやと思い試してみたら、一回のプレイで妹とつきあいながらも最大四人の娘と抜き差ししてる……もとい、抜き差しならぬ仲になることが可能ときたもんだ。
 しかも個別ルートですら(不幸貧乳以外は)妹ちゃんに隠れてのおつきあい! いやん気分は只今絶賛放映中の某浮気ゲー原作アニメの主人公!
 あ、ちなみにハーレムEDはないので、結局最後は一人にしぼられちゃうですよ。

 かつて、これほどまでに妹キャラのみが優遇されたエロゲがあったでしょうか。
 世界の半数がサトリ病で死んだとか、海抜上昇で東京も半分海の底だとか、パパンが漢のロマンのために潜水艇買って貧乏一直線とか、それらの背景もすべて妹ちゃん一人に収束しているのですさ。
 主人公が変態ドS鬼畜野郎なのも、すべては妹ちゃんをヨロコばせるためなのヨ! もけけけけけけけけけ!
 すなわち、このゲームは「妹好きの妹好きによる妹好きのためのゲーム」であり、他のキャラとのエッチなんざ妹ちゃんに「だめー! お兄ぃは私のなんだから!」と言わせるためにだけ存在していると言っても過言ではないのです!(過言だろオイ)
 あー、あとはパパンの素晴らしきバカっぷり(アニメ好きなら誰もが聞いたことのあるあの人な声)とか、彼女をオレ様に寝取られチュウの親友の間抜けっぷり(本人も浮気なア・イ・ツ☆なのでお互い様だが)とかを見て楽しむのが良いかも。

初心者にも安心な純愛鬼畜道

 前述したように、主人公は変態ドS鬼畜野郎です。その道に耐性ない人はプレイするのをためらうかも知れません。
 だって彼は三度の飯より愛するオナゴに赤っ恥をかかせるのが大好きなワンダホーHENTAI。
 (どうでもいいけど、なんで海外ではアニメ絵エロスのことをHENTAIというのだろう。「オー、ビューリホーヘンターイ!」とかいうの?)
 ですが、彼の言動はよーく考えてみると、漢なら誰もが一度は経験のあるあの行為に思い当たるはず。
 そう、それは「好きな子ほどいぢめたい。素直になれないココロとカラダ。ああお星様ミーをやらしいもとい優しいナイスガーイにしてくだサイ」なアレ。(長ぇよ)
 つまりすべては愛ゆえ。言葉責めの原点ここにあり。敵は煩悩寺にあり。敵は海賊。
 ココを押さえておけば、主人公の素敵行動っぷりもきっと理解できるでしょうぞ!

 プレイ中の演出面、特にシステム周り等は「白銀のソレイユ」の SkyFish だけあってなかなかのもの。
 派手さこそないものの、効果的なパンやズームなどでストーリーをうまく見せていますさ。じーっと見ててもそれほど酔わないのもマル。
 そこかしこに出てくるシーンセレクトは一見邪魔に思えるかもですが、最後までプレイするとこのシステムの味が見えてきますぞえ。
 (若干、メタ世界なネタにはなりますが)

まとめ

 可愛らしい萌え絵柄とエロスのギャップに、ココロがUFO時代のときめき飛行になったあなたは速攻でプレイすべき。
 特に妹だけでご飯三杯はイケて、かつ普段は乙女の夢ジェントルメンなパーフェクツ彼氏を装いつつ、ここぞというときに彼女が全身の血液を頭部に集中させるほど恥ずいお願いをしてしまう、そんな心に闇を持った野獣は是非やるべし。
 こんな男が彼氏だったらさぞかし苦労するべなぁ。純愛ゲーなのに……。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントはまだありません。

コメント投稿フォーム

※ スパム防止の為、コメント内に2個以上のリンクがあった場合、サイト管理者 (かのう神路) が承認するまで表示されません。

ページの先頭に戻る