不良少年

Atom RSS

TOPCATサークル活性化!?

 ムゲンノホラアナさんがアトリで夏コミに申し込むそうな。
 ひゃっほう久々にお仲間サークルが増えるゾウ!

申し込もうと封筒買ったはいいんですが、ジャンルコードで悩み中。
240なパワーは無いので多分220でアトリしようかと思ってる訳ですがー。

コミケ78申し込み – ムゲンノホラアナ

 これでTOPCAT系ジャンルが3サークルにっ!
 ……な、なるといいな。

C77体験版について

 ちらほらと「天使と戦士と乙女心」C77体験版のご感想をいただきました。
 うっひゃあ皆さんありがとうございます! 超やる気出ますホント!
 ちまちま立ち絵やイベントCGの直しをやってるときに、ご意見などを伺えるとマジ気合い入りますね。

作業中のデスクトップはこれこの通り(540*338)

 さて、今までイベント会場やメールなどでいただいたご意見を放置プレイし続けるのもどうかと思いますので、この場を借りていいわけ……もといご質問にお答えしようと思います。(個別にお返事はしてますが)
 てゆーか某mixiコミュの皆様もお待たせしまくっちゃってますし。(汗)

続きを読む

アトリの空と真鍮の月

アトリの空と真鍮の月
ブランドTOPCAT
発売日2009年11月27日
原画かどつかさ
シナリオ鷹取兵馬
音楽SYUN

 よっおっやっくっ、プレイできました。
 相変わらず本出し続けているメインジャンル、TOPCAT の「果てしなく青い、この空の下で…。」の正式な続編、「アトリの空と真鍮の月」をば。

アトリの空と真鍮の月(468*117)
 珍しく予約して発売日に買っておきながらも、冬コミが終わるまではとひたすら焦らしプレイのごとく我慢し続けた本作。ぶっちゃけ箱開けるのすら耐えてましたぞなもし。
 冬コミも無事終わり、夏コミ申込をすませた後、速攻で箱開けてインストールしてプレイ開始。
 この連休も利用して、昨夜やっとこさ全クリしました。……うおお眠い! 睡眠時間削りすぎたっ!
 さて、そんな待ちに待った本作の出来映えやいかに。
 やーっとレビュー書ける~!

続きを読む

夏コミ申し込みました。

 そりゃまだ申し込みの締切は一ヶ月も先ッスけどね。
 てゆーか冬コミからまだ一週間ですけどね。
 今年は色々とやりたいことがあるので、さっさと申し込んで原稿にとりかかりたいのです。
 ……数年前までだったらフライングで書類不備だ。(笑)

C78サークルカット(315*450)

 ……ハイ、今回も懲りずに青空で申し込みました!
 ええまだまだ文乃ちゃんへの愛は尽きませんよ! 最後の一サークルになっても続けますよ! 始めた頃は島一つ全部青空で埋まってたのに、今じゃうちとMEIさんとこだけだガッデム!
 でも大丈夫! TOPCATの新作も出たこったし、ズンドコ盛り上げますよ! ガンガン描きますよ! てゆーかもう描いてます!

 え~、お気付きの方も多いかと思いますが……いかにも。
 今描いてる原稿ってのが、例の冬コミに落ちた本だったり。(うわーん) 9~10月までずっと描いてたやつね。
 11月以降はゲームの方に切り替えて放置状態だったので、新年早々原稿再開した次第です。
 つーか、冬コミで見事に在庫全部なくなっちゃったので、意地でも新刊出さねばなんのサークルだかわからなくなっちゃううう~!

誰か夢判断してください。

 突然ですが、私は良く変な夢を見るわけですよ。
 正直言って、どう判断していいのか悩むような夢をば。
 これがまあ通常の夢と違って、なぜか常に自分は必死なのにハタから見たら「お笑い」な内容だったり。そして必ず内容を詳細に覚えていたり。仕事から帰ってくるまできっちりと。
 ええおかげで漫画やシナリオのネタには事欠きませんがね!
 で、今回も夏コミ用のサークルカット描いて寝た直後に見ました。極めつけの変な夢。

疾走野郎Aチーム

 舞台は坂の上にある小学校。校名は忘れた。
 ボクは子供達に大人気のひょうきんな小学校教師。(注:教員免許はないブラックジャックティーチャーだ)
 授業はコピー誌の作り方とかそんなのを教えてました。いや子供達は喜んで作ってましたけどね。後で校長に叱られそうだ。
 オレ様の住居は屋上のテント。地獄先生ぬ~べ~も真っ青の貧乏っぷり。
 そんなオレ様ですが、なぜか食材買い出し用のバイクだけはサイドカー付きのナイスな奴だ。今日も革ジャン羽織ってご飯買いに行くぜ。
 (なんで赤貧生活でバイクがあるのかは知らんですが、おそらく自分が現役のライダーだからでしょう)
 ちなみにサイドカーには常に愛猫が鎮座しておられます。絶対に事故れねえ!

 さて、商店街に行くには小学校の坂を下りねばならんのです。
 さあ行くぜ相棒&愛猫、今日も頼むぜ熱いビートを刻め。
 ……なんですが、なにを血迷ったか逆向きにバイクにまたがるオレ様。
 当然この場合、左手がアクセル&前ブレーキ、右手がクラッチ、左足が後ブレーキ、右足がギヤになるわけです。てゆーかハンドルに手が届きません。
 このままでは買い出しに行けないと確信したオレ様、ハンドルをうひょ~んと引っ張って無理矢理手元までのばしました。
 すべてよーし! オレ、発進!
 (後から考えてみればバイクにバックギヤなんざありませんが、そこはそれ、夢ですのでツッコミは禁止)

 順調にいろは坂のごとき坂を下るオレ様。そこへ子供達の声が。
「せんせー、さよーならっ!」
 あらあらかわいいわねえ。
 むろん元気よく両手を振ってご挨拶のオレ様。……両手を振って!?
 ぎゃあああああああバイクが子供に向かって行くうううううう!
 待て待て相棒! よりにもよって子供を襲うとはなにごとぞ! ウルトラ五つの誓いを忘れたか!
 とっさに猫抱えてバイクを蹴飛ばし、空中で一回転して華麗に着地、すかさず子供達をかばい猫を預け、昨日の友は今日の敵たるバイクに向かって、ずびしっと一発、「さあカモン! オレが相手だくるならきやがれ!
 とか子供達の前でかっこつけたのがマズかったか、はたまた逆向き走行なんつー道交法に触れるようなライディングに腹をたてたのか、猛然とオレ様に向かってくる元相棒
 待て待て待って! いえあのですね、できれば人のいない方へ向かっていただけるとありがたいのですが! てか来るないやようこっちきちゃらめえええええええ!

 突如どこからともなく流れるドリフのテーマ。(マジで。例のオチがついたときのアレね)
 じゃ~~~んっ……じゃんじゃんじゃーじゃんじゃかじゃんじゃーじゃんじゃかじゃんじゃーじゃんじゃかじゃんっ♪
 普通ここまでくりゃ夢だって気付きそうなもんですが、なぜかこの期に及んでもまだ現実だと認識してたオレ様。
 走った。走った。ひたすら坂を駆け下りた。
 とーこーろーがっ、バーイークーがっ、あーとーかーらっ、ついてーくーるっ♪
 うっっぎゃあああああああああああ! 誰かタスケテエエエエエエエ!
 なにこのスティーヴン・キングの「クリスティーン」な展開!?
 道行く子供達が笑ってる。おひさまも笑ってる。るーるるるるっるー♪
「せんせー、さよーならっ!」
 いやちょっと待ってキミタチ! ねえそれどういう意味!? てかお願いだから大人の人呼んできてえええええ!
 すると今度は眼前で黒子が幕を引いていた。寄席で使われるような緑と橙色のアレ。
 待って待って待って!! ねえそれオレ様の人生って意味ですか!? つーかそれ邪魔のけて! いやマジで逃げらんないのよ! 聞こえてんのかぶっ殺すぞこの野郎!
 見事に幕にぶち当たり、逃げ場をなくすオレ様。
 かくなる上は是非もなし。闘牛士のごとく華麗に避けてやろうじゃねえか!
 (神路は命根性汚いので、こういうときはつくづく諦めが悪い)

 ……と、気合い入れてバイクに向き直ったところで目が覚めました。
 ぶっちゃけものすごい汗かいてました。すんげー怖かった。

«前へ 1 2 3 ...13 14 15 16 17 18 19 20 次へ»

ページの先頭に戻る