不良少年 » 雑記 »

液晶タブレットの作り方

Atom RSS

液晶タブレットの作り方

 液晶タブレットが欲しいのです。てゆーか Cintiq が欲しい。
 先日Twitterでそんなお話してたのですよ。
 いままで何度も「いっそ買っちゃおうかな?」とも思ったんですが、その度に「でも……元とるのに何年かかるかなあ」と二の足踏んでしまう優柔不断な私。
 プロなら絶対に買って損はしないCintiq。
 アマチュアには高価すぎるツールCintiq。
 でも欲しい。今すぐ注文してしまいたいっ!
 あああだけど毎回在庫の置き場に悩んでる零細サークルにはっ!

 そんなこんなで葛藤してるうちに我慢できなくなったので……。

液晶タブレットもどき

作ってしまった。

 愛用の Intuos3 (PTZ-631W) にLCDパネル乗っけて液晶タブレット化。
 めちゃくちゃかっこ悪い上に無理矢理感は否めませんが、やはり画面に直接描けるのは楽しいです。
 こんなですがジタリング (カーソルのビビリ) もほとんどなく、ちゃんと描けますきゃっほう!
 いざ液晶がぶち壊れても、ひっぺがすだけで普通のタブレットに戻るので安心です。
 まあ……Cintiq買うまでのつなぎと思えば使えなくもない、というレベルですけどね。
 か、かっこ悪くたっていいもん! 使って真実!

 こんなん真似しようという奇特な方はいないでしょうが、「とりあえず画面に描きたい」という場合は、以下にメモ書いときますのでご参考にどぞ。
 いやま、説明するまでもなく見りゃわかると思いますけどね。

用意するもの

 こんだけ。背後でゴン太くんがぼひぼひ言いそうな工作。
 大きなタブレット使ってる人なら中古の15インチモニタとか使えてお得ですが、小さい場合はモニタの選択に悩みます。
 私のIntuosは入力エリアが12インチなので、サイズの合うモニタ探すだけでも一苦労。
 幸いTGIC製の「TGIC-120R」という12.1インチの液晶モニタが安かったので、これをバラして使うことにしました。
 発色は若干暗めですが、タブレットに使うならこれくらいの方がいいと思います。

 気になるお値段は、タブレットとモニタさえあれば2,000円くらい。ワオお得!

買ったばかりのモニタをバラすこの恐怖!

 えー当然のことですが、モニタのネジ外した段階で保証は一切きかなくなります。
 バラす前には入念に初期不良チェックを行いましょう。今ならまだ間に合います。

 動作チェックが終わったら、いよいよ分解に入ります。もう後には引けません。
 フタを開けたらモニタパネルと制御基板、ケーブルなどの一切合切を引っぱり出します。
 この作業が一番おっかないです。くれぐれも力入れすぎて「ベキッ!」としたりしないように。
 ケース、ネジ類などの余った部品は大切に保管してください。そうすればCintiq買った後もモニタとして使えます。使えるモノは最後まで使い倒しましょう。

 バラし終えたら液晶パネルの裏側を見てください。
 ほとんどの液晶は、裏側に制御基板が折り込まれてると思います。
 制御基板が液晶の外側にあるなら何もしなくて大丈夫ですが、小型化のため内側に折り込まれてる場合は、基板を液晶の外側へ折り曲げる必要があります。
 どうしても折り曲げられないというときは、基板のエリアは使えないという覚悟をもって望んでください。
 なんせペンを有線にでもしない限り、高確率で基板がタブレットの電波吸い取っちゃうので。

でっきるっかな?

 制御基板を外側に向けたらテストしてみましょう。
 その前に、一緒にひっぺがしたインバータやら制御基板やらを梱包材で絶縁します。プチプチなどを巻いて、テープでグルグル巻きにしときましょう。
 特にバックライトのインバータは危険です。DC12VからAC数百Vを叩き出す恐怖の権化。
 ぶっちゃけ私はテスト中に絶縁し忘れて、一瞬で自分の肉が焼け焦げる臭いを嗅ぎました。くさいなあもう。

 さて、では今度こそテスト。
 タブレットの上に液晶パネルを置いて、その上でペンを軽く動かしてみます。
 液晶との相性にもよりますが、数ドットのジタリングが発生するようなら、液晶の上下を逆にしたりインバータをタブレットの裏に貼り付けたりしてみましょう。
 特にVGAやDVI入力の変換基板はコイルなどで電磁波が強く、タブレットの信号にノイズが入りやすくなります。
 Intuos本体の裏側は電磁シールドされているので、裏へ配置できるものは裏へ、できない場合は絶縁体を挟んで銅やアルミ箔などでシールドしてみてください。
 1ドット程度のジタリングであれば、コミスタやSAIの手ぶれ補正値を2倍くらいに上げて対処してもいいでしょう。

 調整が済んだら、マスキングテープや接着剤で液晶を固定します。
 最後に液晶の保護のため、液晶と同サイズに切ったアクリル板を貼り付けてください。
 液晶保護シートごときでは、我らがタブレットペンを阻むことなどできないのです。

最後に

 正直、コレ読んで作ったら液晶壊れた、とか、電源から火ィ吹いたどうしてくれる、とか言われたらヤなのでブログに書こうかどうか悩みましたが、自分がやってみておもろかったものは人に薦めたくてしかたない性分なので許されて。
 あくまで自己責任でゴー。
 あえて注意を促すなら、「使ってないときは必ず電源引っこ抜け」くらいでしょうか。

 今回、私自身が「Cintiq買うまで、てゆーか冬コミの原稿終わるまで持てばいい」って考えなので、それほど長持ちするようにはしてません。
 本格的に運用を考えている場合はアクリルやプラスチックでケースを作れば、絶縁の心配もなく安心して使えるようになると思います。

関連記事

トラックバック

コメント

comment まき さん - 2012年4月24日 (火) 20:29:42

すごい!
欲しい

comment かのう神路 さん - 2012年4月25日 (水) 6:31:17

> まきさん

ご訪問ありがとです~!
できるかなレベルの工作でできますのでレッツトラーイ!
ただし本っっ当に絶縁にだけはお気をつけくだされ。

comment 檸檬姫 さん - 2012年11月4日 (日) 19:21:44

はじめまして、檸檬姫と申します。
私も液晶タブレット欲しいな・・・と思って
検索していたらこのブログが出てきたので驚きました。
液晶タブレットって・・・・作れるんですね・・・・!
ある意味感動ですが
絶対私は画面を破壊する自信があるのでやりません(笑)

comment 名無し さん - 2012年11月23日 (金) 22:21:52

コレはすごい
是非動画で見てみたい

comment てんさい さん - 2013年12月22日 (日) 20:50:56

これぐらいじょうしき

comment Lakesha さん - 2016年6月28日 (火) 1:33:25

This is a most useful coiunrbttion to the debate

comment norfloxacin to purchase no rx さん - 2017年2月23日 (木) 15:37:04

Thank you a bunch for sharing this with all folks you actually understand
what you are speaking approximately! Bookmarked. Please also discuss with
my web site =). We will have a hyperlink change arrangement between us

コメント投稿フォーム

※ スパム防止の為、コメント内に2個以上のリンクがあった場合、サイト管理者 (かのう神路) が承認するまで表示されません。

ページの先頭に戻る