不良少年 » FreeBSD »

UTF-8 日本語環境の構築

Atom RSS

UTF-8 日本語環境の構築

 前回はテキストエディタ vi の UTF-8 対応を行いました。
 すると今度はシェルでも日本語を使いたくなってきます。
 というわけで、今回は日本語ファイル名などにも対応した UTF-8 作業環境を作ってみます。

lv のインストール

 FreeBSD 標準の less (ページャ) コマンドは日本語が文字化けしますので、UTF-8 対応の lv をインストールします。

# cd /usr/ports/misc/lv
# make install clean

jman のインストール

 標準の man (マニュアル) コマンドは英語ばっかで心が折れそうです。
 これも日本語化してしまいましょう。

# cd /usr/ports/japanese/man
# make install clean

 続いてマニュアルの本文をインストールします。

# cd /usr/ports/japanese/man-doc
# make install clean

ログインスクリプトの編集

 ログインスクリプトを編集して、lv と jman を使えるようにします。
 ついでに ls コマンドも色分け表示して見やすくしちゃいましょう。

# vi ~/.cshrc

~/.cshrc

# エイリアス (コマンドの別名) 定義
alias ls    'ls -FG'
alias vi    'vim'
alias view  'vim -R'
alias less  'lv'
alias man   'env LC_CTYPE=ja_JP.eucJP jman'

# 環境変数の設定
setenv LANG         ja_JP.UTF-8
setenv EDITOR       vim
setenv PAGER        lv
setenv LV           '-Ou8'

 最後に上記の設定を反映させます。

# rehash
# source ~/.cshrc

 これで設定は完了です。
 試しに以下のコマンドを入力すると、ls コマンドの説明が日本語で表示されます。

# man ls

 日本語ファイル名もテストしてみます。

# echo "日本語表示テスト" > テスト.txt
# ls
テスト.txt
# cat テスト.txt
日本語表示テスト
# date
2010年 9月26日 日曜日 11時32分30秒 JST

関連記事

トラックバック

コメント

コメントはまだありません。

コメント投稿フォーム

※ スパム防止の為、コメント内に2個以上のリンクがあった場合、サイト管理者 (かのう神路) が承認するまで表示されません。

ページの先頭に戻る